2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

マイケル、最高!

Dscn3572

マイケル・ジャクソンの映画、「THIS IS IT」を観た。

明日で劇場上映が終わるため、どうしても映画館で観ておきたかったので、休暇をとって観て来た。


いや~、良かったね、やっぱり。

期待通り。

アーティストとしてのマイケルも最高だね。

メッセージも十分伝わってくるものがあるし、

なんといっても、音楽そのものが最高だね。

映画館で観ても、「音」も良かったし。

まるで、生のLIVEを観ているようだった。

観に行って正解だったね。

しかし、もう二度と「生のマイケル」を観れないのは、とても残念なことだな。

20年ほど前に、兵庫県の西宮球場で行なわれたLIVEは観たんだが・・・。

う~ん、できることなら、もう一度、「生のLIVE」を観てみたいな・・・。

E.YAZAWA Rock

Dscn3571

先日、映画「E.YAZAWA Rock」を観た。

我が心の師、矢沢永吉ことBOSSの映画を、劇場で観たのはいつ以来だろう・・・。

たしか、1999年の「お受験」という映画以来だから、10年ぶりか。

その前のドキュメント映画だと、1980年の「RUN&RUN」以来、29年ぶり。

確かそのときは、中学生だったと思う。


で、今回の作品を見ての感想だが、

やっぱり、LIVEは生に限るってことを、改めて再認識できたね。

もちろん映画は、映像などもとてもきれいで、すごく良かったが・・・。

わたしは、やはり、LIVEのほうが好きですね。

ま~、ゆっくりと椅子に座って観れるのは、良かったけどね。

LIVEでは、そういう訳にはいかないからね。

まだ、生のLIVEを観た事のない方には、ぜひ、お勧めです。

この映画をきっかけに、一人でも多くの方に永ちゃんを知ってもらえたら、

サイコーですね。

秋、終演

Dscn3488 Dscn3517 Dscn3539

11月の出演3連発が、無事に終わりました。

1日は恒例の地元での文化祭。

翌週の8日は、昨年に引き続きガラシャ祭での触れ太鼓。

昨年とは違って、好転にも恵まれ、とても気持ちよく青空のもとで、太鼓を演奏することが出来ました。

当日は朝から祭の開催を告げるため、トラックの荷台に太鼓と人を載せ、市内を太鼓を叩きながら触れ回りました。

途中5箇所で太鼓をトラックから降ろし、10分間ずつ演奏を行ないました。

毎年夏に訪問し演奏させて頂いている、特別養護老人施設では、お年寄りの方々が表通りまで出てきてくださり、子どもたちと太鼓を一緒に演奏することもできました。

考えてみると、移動しながらの演奏と、止まってはすぐにトラックから太鼓を降ろしお客様の前での演奏で、まるで2時間半ほどのライブを行なっているようでした。

普段、こんなにも長時間演奏を行なうこともないので、いつもは元気な子どもたちも、さすがにクタクタのようでした。


そして、出演3連発の最後は、翌日の夜でした。

市の友好国から来日されたお客様の前での演奏でした。

こちらは、屋内での非常に限られた空間での演奏でもあり、また、時間も限られていたので、子どもたちも、「もっと、叩きたいな~」と、とてもうれしいお言葉がありました。前日とは違って、ちょっと物足りないようでした。


今年の秋も、色々なところでの演奏機会を得ることができ、とても貴重な経験をつむことができました。

次の出番までは少し間が空くので、この期間にみっちりと稽古に励み、少しでもレベルを上げられるように頑張っていきたいと思ってます。


ま~その前に、ちょっと一休みですね。

矢沢永吉 神戸公演

Dscn3368

行ってきました、永ちゃんのコンサート。

ツアー3日目の神戸です。

久しぶりの、ナマでした。

昨年はライブ活動が行なわれなかったので、2年ぶりでしょうか。

もう、それはそれは、サイコー。

とても素敵な夜でした。


いつもはワイフと行くのですが、今回は初めて一人での鑑賞となりました。

仕事終了と同時に職場を飛び出し、電車に乗り、約1時間かけて神戸へ。

震災で被災した街とは思えんほど、賑やかな街になってるね、神戸。

駅から歩いて3分程で、神戸国際会館に到着。

昔、よく来たね、この会場にも。

もちろん、古い建物のときですが。


会館前には、すでに大勢の人・ひと・ヒト。

開場していたので、入り口付近に並んでいる列の最後尾に並び、会場内へ。

会場内には、お決まりの白のスーツ姿の兄ちゃんたちや、タオルを持った、姉ちゃんや兄ちゃん、おじさんやおばさんたちが大勢いました。

なんか、懐かしいです。なんといっても、2年間のお預けでしたから。

最近は会場内にもちびっ子の姿がチラホラと。

ファン二世でしょうか。

永ちゃん、60歳。還暦。

そういえば、わたしもファン歴30年超か。みんな年取るわけだ。


今回の席は3階。

すごい急勾配で、ノッテきたら落ちそうで怖いんですが・・・。

席の位置はイマイチだったんですが、コンサートはもちろん、最高でした。

最近は入場前にいろいろとチェックされます。

カメラや録音機などの持ち物検査はもちろん、飲酒のチェックも。

かわいそうに、私の前に並んでいた男の人は、アルコールを飲んできたようで、入り口でシャットアウトされていました。

アルコールを飲んでの入場は禁止されてるのに、知らなかったようです。

座席では、開始早々、係りの人に連れ出されたおじさん。

ネットオークションで仕入れたチケットで入場したら駄目みたいで、強制退場になっていました。

なんか、かわいそうでした。その後、あのおじさんはどうなったんだろうね。


コンサートが始まると、「この曲、好きなんだよね」「いいね、このアレンジ」「シブイ」なんて、心の中でつぶやきながら、どんどんとヒートアップ。

あっという間の2時間でした。

とても懐かしい曲や新しいアルバムの曲など、新旧織り交ぜての構成でした。

それにしても、うまいね、演出が。

もちろん歌手の永ちゃんもサイコーですが、

とてもニクイ演出で、客の心理をわかってるって感じですかね。


次は、映画です。http://www.rock-yazawa.com/

11月21日から全国の映画館で上映開始です。

もちろん、コンサート会場で売っていた前売り券をゲットしました。

そして、そして、12月の大阪城ホール。

おっと、DVDの発売もあるし、

いや~、今年はテンコ盛りだ~~。

Rock231_67

無事に終了

Dscn3351

心配されていた、インフルエンザの影響もなく、いや、正確には少し影響があったんですが、なんとか無事に、文化祭出演を終えることが出来ました。

2年生の子どもたちのクラスが学級閉鎖になったので、4名の子が参加できなかったのですが、なんとか段取りを変更して演奏することができました。

そして、次はガラシャ祭でのふれ太鼓です。

朝一番から長岡京市内を、トラックの上で太鼓を演奏しながら練りまわります。

翌日は、市の関連イベントでの出演と続きます。

インフルエンザに気をつけて、乗り切りましょう。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »