2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 2012年6月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

太鼓教室二日目

乙訓地域の子どもたちを対象にした太鼓教室が、先週の日曜日からスタートしました。
京都府の次世代文化継承・発展事業で、長岡京記念文化会館主催のこの取り組みは、来年2月16日の舞台発表に向けて練習をおこうなうというプロジェクトです。
参加者は小学1年生から6年生の21名で、期間は4ヶ月、その間に練習が10回と長丁場での取り組みとなります。
講師にプロの太鼓演奏家・内藤哲郎氏を招き、曲を習得して舞台発表まで行います。

今日は、先週に続いての練習でしたが、子どもたちと内藤氏の初顔合わせの日でもありました。子どもたちの練習のあと、テーマ曲となる「(仮)笹の葉」をご指導いただきました。まずは私たちが曲を覚えるのが先です。う~ん、覚えられるのだろうか・・・・・。
乙訓地域の子どもたちを対象にした太鼓教室が、先週の日曜日からスタートしました。
京都府の次世代文化継承・発展事業で、長岡京記念文化会館主催のこの取り組みは、来年2月16日の舞台発表に向けて練習をおこうなうというプロジェクトです。
参加者は小学1年生から6年生の21名で、期間は4ヶ月、その間に練習が10回と長丁場での取り組みとなります。
講師にプロの太鼓演奏家・内藤哲郎氏を招き、曲を習得して舞台発表まで行います。

今日は、先週に続いての練習でしたが、子どもたちと内藤氏の初顔合わせの日でもありました。子どもたちの練習のあと、テーマ曲となる「(仮)笹の葉」をご指導いただきました。まずは私たちが曲を覚えるのが先です。う~ん、覚えられるのだろうか・・・・・。

太鼓教室一日目 来年2月に向けてプロジェクトがスタート

乙訓地域の子どもたちを対象にした太鼓教室が、昨日スタートした。

京都府の次世代文化継承・発展事業で、長岡京記念文化会館主催のこの取り組みは、来年2月16日の舞台発表に向けて練習をおこうなうというプロジェクトだ。

参加者21名で、期間は4ヶ月、その間に練習が10回と長丁場での取り組みとなる。

講師にプロの演奏家を招き、曲を習得して舞台発表まで行うのは、とても楽しみでもあり、不安もたくさんある。

でも、なんとかスタートを切ることができた。

例年この時期は秋の出番も一段落して、オフになるのだが、今年は風邪などひいている暇はなさそうだ。

__

« 2012年6月 | トップページ | 2012年12月 »